紹介予定派遣

紹介予定派遣

雇用リスクの軽減をご提案いたします。

「紹介予定派遣」とは、あらかじめ決めた派遣期間(最長6カ月間。2~3カ月のことが多い)が終了した時点で、派遣先企業と本人双方の合意が得られれば、直接雇用(正社員や契約社員)になる働き方のこと。これを利用する最大のメリットとして先のような採用時に起こりやすい企業と個人とのミスマッチが軽減することと言われています。
企業にとって人を採用することで雇用リスクが発生する。その人がそのリスクを上回る収益を生むかどうかの判断に慎重を期するのは当然のこと。

しかし、紹介予定派遣であれば派遣期間中に実務を通じて適性診断も可能となりますので、採用後のミスマッチが防げます。

1人採用するコストを考えれば負担は大きく軽減される為、企業としても活躍できそうな人材を低いリスクで確保でき、派遣スタッフの仕事内容に対する取り組み、人柄などを理解できるというメリットがあります。

メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る